スポット

新着求人

もっと見るspot-jobs-show-arrow

東京都 【派遣】新宿区「落合南長崎」駅の調剤薬局/単発応募応相談
埼玉県 【派遣】春日部市「南桜井」駅の調剤薬局/単発応募応相談
東京都 【派遣】渋谷区「代々木上原」駅の調剤薬局/駅近アクセス抜群
神奈川県 【派遣】藤沢市「藤沢」駅の調剤薬局/単発応募応相談
東京都 【派遣】板橋区「東武練馬」駅の調剤薬局/単発応募応相談
東京都 【派遣】港区「表参道」駅の調剤薬局/スポット単発
東京都 【派遣】北区「北赤羽」駅の調剤薬局
東京都 【派遣】東急田園都市線「駒沢大学」駅の調剤薬局/スポット単発
東京都 【派遣】大田区「雑色」駅の調剤薬局/スポット単発
東京都 【派遣】文京区「根津」駅の調剤薬局/単発1日より応募OK
東京都 【派遣】東武伊勢崎線「曳舟」駅の調剤薬局/スポット単発
千葉県 【派遣】千葉県柏市「北柏」駅の調剤薬局/単発応募応相談
東京都 【派遣】「八王子」駅よりバスの調剤薬局
東京都 【派遣】西武新宿線「武蔵関」駅の調剤薬局/単発応募応相談
神奈川県 【派遣】京王井の頭線「富士見ヶ丘」駅すぐの調剤薬局

派遣

新着求人

もっと見るpart-time-jobs-show-arrow

神奈川県 【派遣】神奈川県横浜市都筑区「センター南」駅の調剤薬局
千葉県 【派遣】千葉県市原市「五井」駅の調剤薬局/週3-4日入れる方歓迎
千葉県 【派遣】千葉県佐倉市「ユーカリが丘」駅の調剤薬局/単発1日から応募OK
神奈川県 【正社員・パート】神奈川県川崎市「武蔵中原」駅の調剤薬局
神奈川県 【正社員・パート】神奈川県横浜市青葉区「あざみ野」駅の調剤薬局
神奈川県 【正社員・パート】神奈川県秦野市「東海大学前」駅の調剤薬局
神奈川県 【正社員・パート】神奈川県横浜市緑区「長津田」駅の調剤薬局
神奈川県 【正社員・パート】神奈川県厚木市「本厚木」駅バスの調剤薬局
神奈川県 【正社員・パート】神奈川県伊勢原市「伊勢原」駅の調剤薬局
東京都 【正社員・パート】東京都立川市「立川」駅の調剤薬局
東京都 【正社員・パート】東京都世田谷区「千歳烏山」駅の調剤薬局
東京都 【正社員・パート】東京都多摩市「京王永山」駅の調剤薬局
東京都 【正社員・パート】東京都町田市「鶴川」駅の調剤薬局
東京都 【正社員・パート】東京都目黒区「駒沢大学」駅バスの調剤薬局
東京都 【正社員・パート】東京都世田谷区「二子玉川」駅の調剤薬局

パート

新着求人

もっと見るpart-time-jobs-show-arrow

千葉県 【常勤・パート】船橋市「船橋」駅の調剤薬局/19時まで入れる方歓迎
東京都 【常勤・パート】中野区「沼袋」駅の調剤薬局
東京都 【常勤】東京都江戸川区「一之江」駅の調剤薬局
神奈川県 【常勤・パート】藤沢市「片瀬山」駅の調剤薬局
神奈川県 【常勤・パート】藤沢市「藤沢」駅の調剤薬局
東京都 【常勤・パート】足立区「北千住」駅の調剤薬局/日曜日週1日も応募OK
神奈川県 【常勤・パート】神奈川県横浜市都筑区「センター南」駅の調剤薬局
千葉県 【常勤・パート】船橋市「北習志野」駅の調剤薬局
東京都 【常勤】世田谷区「自由が丘」「駒沢大学」駅の調剤薬局
東京都 【常勤】目黒区「祐天寺」駅の調剤薬局
静岡県 【常勤・パート】静岡県駿東郡の調剤薬局/扶養内パートの方相談OK
東京都 【常勤・パート】東京都江戸川区「小岩」駅の調剤薬局/パートは週3日以上
東京都 【常勤・パート】東京都品川区「大崎」駅の調剤薬局/パートは週3日以上
千葉県 【パート】千葉県佐倉市「ユーカリが丘」駅の調剤薬局
東京都 【常勤・パート】東京都江戸川区「小岩」駅の調剤薬局/パートは週3日以上

正社員

新着求人

もっと見るfull-time-show-arrow

東京都 【常勤】東京都足立区の調剤薬局
千葉県 【常勤・パート】船橋市「船橋」駅の調剤薬局/19時まで入れる方歓迎
東京都 【常勤・パート】中野区「沼袋」駅の調剤薬局
東京都 【常勤】東京都葛飾区「金町」駅の調剤薬局
東京都 【常勤】東京都江戸川区「一之江」駅の調剤薬局
神奈川県 【常勤・パート】藤沢市「片瀬山」駅の調剤薬局
神奈川県 【常勤・パート】藤沢市「藤沢」駅の調剤薬局
東京都 【常勤・パート】足立区「北千住」駅の調剤薬局/日曜日週1日も応募OK
神奈川県 【常勤・パート】神奈川県横浜市都筑区「センター南」駅の調剤薬局
東京都 【常勤】中野区の調剤薬局/2019年までに10店舗出店予定
千葉県 【常勤・パート】船橋市「北習志野」駅の調剤薬局
東京都 【常勤】世田谷区「自由が丘」「駒沢大学」駅の調剤薬局
東京都 【常勤】目黒区「祐天寺」駅の調剤薬局
茨城県 【常勤】茨城県牛久市「牛久」の病院
静岡県 【常勤・パート】静岡県駿東郡の調剤薬局/扶養内パートの方相談OK

希望職種から探す



薬剤師アシストについて・薬剤師アシストの特徴

納得のいく条件での薬剤師転職(常勤・非常勤)をご支援いたします。

    コーディネーターから最近の求人情報をご提供します。調剤薬局・病院・ドラッグストア・企業など、全国の案件を幅広くお取り扱いしております! 常勤・パート・扶養内パート・派遣など、あなたのライフワークに合った働き方をご提供します。コーディネーターが、気持ちよく勤務出来るまでサポート体制を整えております。 好条件の非公開求人も多数ご用意しておりますので、まずはお問い合わせください。

専門医・認定医・精神保健指定医等の取得が希望の先生はご相談ください。

    病院や調剤薬局、ドラッグストアでのお仕事が多数ございます。

週1日~週3日のアルバイト求人が多数ございます。

    週1回~病院、調剤薬局、ドラッグストア等のお仕事がございます。扶養内・18時までのご勤務などもご相談ください。

スポットのお仕事もお任せください。

    関東近郊で単発のお仕事があります。1日からご勤務可能です。

派遣のお仕事

    週固定での派遣のお仕事があります。パーソナルアシストは時給3,000円を最低補償しております。社会保険などの福利厚生も完備しております。

お役立ちインフォメーション

tensyoku-header1

転職で失敗しないために

どんな時に失敗したと感じるかを知るところから、大きな決断である転職を後悔のないものにしていきましょう。

一般的に薬剤師は働く場所も多く転職しやすい仕事といわれていますが、選択肢が多すぎるせいもあるのか、せっかく転職したにも関わらず「思っていた仕事と違って失敗した」と後悔する人もゼロではないようです。長い薬剤師人生の中でも大きな決断の1つとなる転職で失敗しないためには何に気をつけたらいいのでしょうか。また、薬剤師の皆さんはどんな時に転職に失敗したと感じるのでしょうか。 薬剤師が転職で失敗したと感じるポイントは転職を考えるきっかけと同様に人間関係の問題、残業時間、未経験からのキャリアの形成失敗、肩書きだけで職を決めてしまったなどがあるようです。それぞれの理由に至るまでにどういった経緯があったのか、何を失念していたから失敗したのかをポイントを絞って、これから転職する人にとっては転職チェックリストになるようにリストアップしていきましょう。

tensyoku-header2

転職が失敗と感じたケースも

転職を考える理由において職場環境の他に、同僚や友人が転職する姿を身近に感じ自分も今以上の良い条件の職場で働きたいと思うのは自然です。正直、薬剤師の求人はほぼ恒常的と言って良いほど、常に多く存在しています。

例えば、大手の調剤薬局が求人募集があったとします。最寄り駅近くで通勤しやすい好立地、待遇面でも今までより向上する好条件です。求職者ならばもちろん面接の機会を得るために行動を起こすことでしょう。そして無事に面接まで辿り着けたとします。面接時には採用担当者が親身に話を聞いてくれたりしたら、この職場で働こうと思うまでにそんなに時間はかからないはずです。しかし、ここで気を付けなければいけない大きなポイントは、採用担当者はその病院や企業の顔と言っても過言ではありません。企業の代表であるからこそ採用担当者にはよりコミュニケーション能力が高く、人当たりも柔らかい企業イメージが良くなる人を配置するのは自然なことでしょう。採用担当者から感じ取った雰囲気のみの角度からしか見ていない職場にいきなり勤め始めたら、それはイメージとのギャップが生まれても仕方がありません。 弊社のコーディネーターへご依頼頂ければ、そんなギャップを少しでも埋められるようフォローを最大限にいたします。

薬剤師のように専門職と言われるような職についている人は転職をする際、同じ職種というだけで最大のアピールポイントになります。

たしかに仕事に慣れており、即戦力として入職することにより、より良い条件、例えば「家が近い」とか「給料が良い」と言った案件に応募しやすくなるのは間違いありません。しかしながら、条件だけで仕事を選んでいると、入職後に「実は職場環境の雰囲気や居心地が良くなかった」などと感じてしまうというケースはよくある話です。やはり失敗しないためには実際に薬局ならば実際の店舗を、院内薬局ならば病院全体の雰囲気も含め自分の目で確認した後に転職するか決断するといいでしょう。弊社のコーディネーターは注意点などアドバイスさせて頂いております。お気軽にご相談下さい。 また、未経験の職へチャレンジした為、転職で失敗したと感じたケースもあります。薬剤師の仕事というのは他職種に比べ選択肢が多い分、仕事の種類も多岐にわたります。その分、未経験の職に出会うことも少なくないでしょう。例えば、働き始めて2、3年経ってもっと色々な経験をしたいとキャリアチェンジを考えて転職する人、出産をきっかけに離職したが育児が落ち着いたタイミングで復職する人など。新天地で仕事をしていく上で最も大切なことは研修制度やフォロー体制が整っていることです。しかし実際はどうでしょうか。忙しいからと言って研修制度やフォロー体制が整っていないケースもあるのは事実です。独学で仕事について勉強するにも限界がありますし、ミスをする事で患者やクライアントに迷惑がかかるのも気が引けます。この際、研修やフォローの充実度をコーディネーターを通して面接の折に聞いてみるのも大切です。

tensyoku-header3

転職を成功させるために

薬剤師の転職で後悔や失敗をしないようにはどうしたらいいのでしょう。

ついつい目がいきがちな条件である給与や待遇についてよりまず、自分が何を求めて転職を決めたのか理解するところか始めていきましょう。その次に自分に本当にあった仕事の条件を考え、その上で求人情報を絞ることです。無理なく長く働ける職場を探すためには、欠かせない準備となります。また未経験転職になりそうな時は研修制度やフォロー体制について確認が必要ですし、または研修制度がしっかりしている大手の企業や調剤薬局、病院などを選択肢に入れるのも良いでしょう。そして最後は職場見学です。やはり重要視するべきは職場の雰囲気なのではないでしょうか。例え何らかの条件で妥協することになったとしても、「この人と一緒に働きたい」などの魅力を感じて決めた職場であれば、案外長く頑張れたりするものです。また人によっては先に挙げた給与や待遇や研修制度やフォロー体制よりも、長く働いていきたいと考えているならばこれは外せない条件の1つではないでしょうか。職場の雰囲気を掴むという上でも面接の前後で必ず見学に行くようにし、実際の仕事現場を見たり、働く薬剤師と直接話したりして「転職の準備としては可能な限り手は尽くした」と感じることができれば、後悔しない転職に繋がると言っても過言ではありません。その為には、経験豊富なコーディネーターに相談することによって同じ職種に転職するにしても、キャリアチェンジで未経験の職へ転職するにしても、条件交渉や履歴書の添削や面接への対策など、自分で転職を行う場合、ただでさえ普段から忙しく働いている薬剤師にとっては、転職活動を行うこと自体を躊躇してしまうような事態をアドバイスとサポートでスムーズに転職活動を行なっていけます。

リンク

人事ご担当者さま

パーソナルアシスト

薬剤師アシストコラム