薬剤師求人・転職・就職サイト「薬剤師アシスト」の公式コラム

薬剤師アシストコラム

コラム記事 薬剤師の労働環境

薬剤師が働ける場所(3)

投稿日:2019年5月21日 更新日:

薬剤師 求人

昨今では医薬分業が定着してきたことから、外来患者が院内で調剤してもらうことは激減し、処方箋さえあれば患者自身が好きなタイミングかつ好きな調剤薬局で薬を受け取れるようになってきたといわれています。

ですが院内薬局で働く薬剤師の仕事がなくなったわけではありません。それでは、院内薬局で調剤しなくなった分、病院に勤務している薬剤師はどんな仕事をしているのでしょうか。

 

病院内での薬剤師の業務は患者の治療に直接関わるものに変化しているところが多いとされています。現在の病院ではチーム医療の形で患者の治療にあたっているところがほとんどで、薬剤師もその一員として診療に加わっています。

主に行なっている実務は服薬指導、副作用の確認、医薬品使用歴の管理など、薬の専門家として治療に携わりながら、時には患者も薬への不安解消、疑問解消をしたりするのが、病院での薬剤師の主な業務になります。

 

薬剤師の働き口としての病院はそれこそ、院内薬局でのみ働いていた時代は競争率高いものだったと言われています。しかし、数年前に診療報酬制度が改定された折に病棟での薬に関わる業務に対する診療報酬を加算するには常勤の薬剤師が病棟に毎に必要であることが決まりとなったこともあり、急激に病院内での薬剤師の需要が増えたとされています。

治療に直接関われるようになった点でも、薬剤師の働き方で今後も人気を高めていく働きかたになるでしょう。

 

>> 薬剤師求人・転職・就職サイト「薬剤師アシスト」のTOPへ戻る

 

 

免責事項

免責事項

当サイトにおきましては、出来得る限り正確な情報をお届けできるよう努めております。ですが時間経過により情報が正しいものではなくなる可能性や誤った情報が混じる可能性があるほか、予告なく情報の修正や削除を行う可能性がございます。また当サイト掲載情報により何らかの損害等が発生した場合におきましても、運営元は責を負いかねます。情報の閲覧および利用につきましては、全て閲覧者の自己責任でお願いいたします。

 

 

 

-コラム記事, 薬剤師の労働環境

Copyright© 薬剤師アシストコラム , 2019 All Rights Reserved.