薬剤師求人・転職・就職サイト「薬剤師アシスト」の公式コラム

薬剤師アシストコラム

コラム記事 薬剤師の労働環境

薬剤師が働ける場所(6)

投稿日:2019年5月31日 更新日:

薬剤師 求人

薬剤師の資格が必須ではないけれど、薬剤師としての知識や経験を生かすことができる仕事も多くあります。

研究者というのもそのひとつです。働ける場所としては大学や製薬会社などの研究機関で、製薬会社の場合研究開発職で募集がされているケースが基本の職となります。

化学物質の発見から使用できるようにするまでの安全性の確認の試験を終えるまでに10数年は時間が必要となる場合もあります。そのため結果を実感するというやりがいの面でみたら、やや感じづらいかもしれません。最近では新薬の承認までにかかっていた時間を最小限にするための動きも活発になってはきてるとはいえ、途方も無い時間を費やす覚悟は必要でしょう。

仮に新薬を発見し、試験を行ったとしても、一般に出回ること自体が稀な世界ですし、生涯に商品化できるものが1つでもみつかったら成功といわれているだけに自分との戦い感がとても強い職ですが、成果によっては日本だけでなく世界中で何億人もの命を救うことができる可能性の塊といっていい職業です。

ただし、大学で研究するか、製薬会社で研究するかはよく調べてから決めた方がいいでしょう。もちろん年収に多少の差が生じることもありますが、大学には大学の、企業には企業の、働く場所ごとに制約も出てきますから、働き方として選ぶ際にはよくよく調べてから選択肢に入れることをおすすめします。

 

>> 薬剤師求人・転職・就職サイト「薬剤師アシスト」のTOPへ戻る

 

 

免責事項

免責事項

当サイトにおきましては、出来得る限り正確な情報をお届けできるよう努めております。ですが時間経過により情報が正しいものではなくなる可能性や誤った情報が混じる可能性があるほか、予告なく情報の修正や削除を行う可能性がございます。また当サイト掲載情報により何らかの損害等が発生した場合におきましても、運営元は責を負いかねます。情報の閲覧および利用につきましては、全て閲覧者の自己責任でお願いいたします。

 

 

 

-コラム記事, 薬剤師の労働環境

Copyright© 薬剤師アシストコラム , 2019 All Rights Reserved.